「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

はぐれライダー ~転倒派~

mailman.exblog.jp

エンジン付二輪車→人力二輪車ライダーブログ

RIDEAの楕円チェーンリングを使ってみて

まず楕円チェーンリングの説明ですが、メーカーの説明を丸投げ(笑)
■ROTOR(13:00辺りから楕円の解説)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=wT-AcOZOr-M

■RIDEAの日本語解説
http://gearstation.sakura.ne.jp/GS2homepage/clankSet/RIDEA.html

【変速性能】
上記下側のリンクでの解説の通りRIDEAの方がROTORよりトルクがかかる範囲を多めに設定しているようです。
確かにクランクを回してみるとROTORよりグニャングニャンとチェーンの軌跡が動いているように思えました。
ただ変速性能は全く落ちていないと言っても良い出来です。
これは驚きました。何で驚いたかというとROTORの変速性能はとても残念な出来だったからです。
RIDEAも多少悪化すると思っていましたがこれには驚きました。
逆にワイヤーの張りを調整したので、逆にいつもより調子が良いと思いました。

【回転について】
まずリンク先の解説の一文・・・
> (最大直径の範囲が約40°)
>  これにより狭い最高効率点を体に覚えこますような練習は不要となります。
これは同意しかねます。
注釈で
「ただしキレイにペダリングできない人は除く(プゲラ)」
・・・と書いておいてほしかったです(泣)

個人的にはROTORの方が違和感がなかったです。
ただこの違和感は私のペダリングが下手過ぎるのが影響していると推測されます。

RIDEAですが11時から1時の流れが非常にスムーズに感じられ、1時辺りから急に重くなる印象です。
上記の流れに私は対応できなくて出発して30kmで脚がお疲れモードになってしまいました。
表現が悪いかもしれませんが
「掛りが早い」
という印象を持ちました。
今までも1時くらいから力をかけ始めているつもりでしたが、実際にはもっと早く力をかけた方が良いという事でしょう。
これは走っているうちに徐々に矯正できました。

【軽いギアと重いギア】
これは面白いなーと思ったのですが、軽いギアと重いギアの差が激しいです。
インナーは普段(39T)より歯数が少なくなった(36T~38T)ので当然軽いのですが、真円の34Tよりはるかに軽く感じる上にトルクもかかって速度が出ます。
「これはアウター使ったら速度で過ぎて気絶してしまうかもしれん!!」
と思ったのですがいつも(53T真円)より重すぎて気絶しそうでした。
アウターをすべてのギアで重いわけでは無く先ほど解説した「1時」の位置で力を掛けれないギアが極端に重く感じます。
52-21は回せるのに1段上げて52-19になった途端回せなくなりました。
ただ先ほども言ったようにペダリングが矯正されていくと徐々に回せるようになり、今日は52-16くらいまでは普通に回せるようになりました。

【文章が長くなってしまったのでおねーさんの画像で休憩しましょう】
d0069162_20195774.jpg


【加速と巡航】
コレは個人的な問題ですがシッティングの加速が難しい印象はぬぐえませんでした。
ただダンシングの加速は相当キてます。初速はもたつくのですが伸びがヤバすぎます。

・・・で巡航ですが一度加速して巡航に入ると真円よりだいぶ楽に速度を維持できました。
ただこれは脚がある状態の話で、疲れ切った状態で向かい風の平坦路を走ったのですがいつもより明らかに脚にダメージがきて地獄でした。
これはこまめなシフトチェンジをしない(重いギアを使いたがる)私が悪い説が濃厚です。

【問題】
今日2回チェーン落ちをしました。
1回は落車(笑)した時、もう一回は信号ダッシュでアウターローで全力加速したらアウターからインナー側にチェーン落ちしました。
落車はともかく後者の方は原因不明。その後何度も試してみましたが問題ありませんでした。
ただ交通量が多く路肩が凸凹な道だったので、チェーンが暴れる悪路には弱いかもしれませんね。
チェーンキャッチャーをつけた方が無難だと思います。

【まとめ】
今日一日(100km以上)乗ってみた感想は
「コレは筋トレ&矯正器具」
私のようにペダリングが下手な人には良いかも!・・・と思いました。

なかなか面白い道具だと思います。
もうちょっと使い込んでみますね。
[PR]
by gogo-mailman | 2013-07-28 22:16 | 自転車